Dora Tauzin

Profil プロフィール

[ 印刷する ] 日本とフランスの架け橋”として活躍する国際ジャーナリストドラ・トーザン Dora Tauzin

“日本とフランスの架け橋” として活躍する国際ジャーナリスト
東京・神楽坂に住む生粋のパリジェンヌ。パリと東京を行ったり来たりしながら、日仏の架け橋としてさまざまな活動をしています!
暮らしやおしゃれといった身近なテーマから、女性問題や街作り、ワークライフバランスといった幅広いテーマで、執筆や講演活動をしています。
カンボジア、キューバに度々訪れる旅の達人。ワインをこよなく愛する食いしん坊。

ドラ・トーザン Dora Tauzin [略歴]
国際ジャーナリスト。エッセイスト。ソルボンヌ大学にて修士号取得後、パリ政治学院(Institut d’Etudes Politiques de Paris, Sciences-Po)成績優秀者の認定を受けて卒業。
5カ国語を話し、ベルリン、ロンドン、ニューヨークで暮らした経験のある国際人。 国連広報部勤務後、NHKテレビ「フランス語会話」への5年に渡る出演がきっかけで日本に住むようになる。慶応義塾大学講師などを経て、現在、アンスティチュ・フランセ、アカデミー・デュ・ヴァンなどで講師を務めながら、日本とフランスの架け橋として、新聞、雑誌への執筆や、講演など各方面で活躍中。テレビ、ラジオ番組のコメンテーター、レポーターとしての出演も多い。
朝日新聞にて「Doraのドラ猫ボンジュール」(07~08年)、東京新聞にて「本音のコラム」 (09~10年)連載、文化放送「くにまるジャパン」へレギュラー出演(10年~)。
杉野服飾大学ファッションデザイン専攻科 講師 「フランス文化とファッション」担当(09年~15年)。
「フランス人は年をとるほど美しい」(大和書房)、フランス人は「ママより女」 (小学館文庫) 、愛される男の自分革命: 人生が100倍輝く フランス人の極意(徳間書店)など著書多数。
2009年文化庁より長官表彰(文化発信部門)。2015年フランス政府よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエを受章。

■ 書籍

パリジェンヌ流 今を楽しむ! 自分革命 』 (河出文庫)
フランス式いつでもどこでも自分らしく: 自由で幸せな「時間の使い方」 (三笠書房)
好きなことだけで生きる (大和書房)
パリジェンヌ流 美しい人生の秘密 (宝島社)
愛される男の自分革命 』~人生が100倍輝く フランス人の極意~(徳間書店)
フランス人は「ママより女」(小学館文庫)
フランス人は年をとるほど美しい 』 (大和書房)
パリジェンヌのパリ20区散歩(河出書房新社)
パリジェンヌ流 今を楽しむ! 自分革命(河出書房新社)
ママより女 』 ~母より妻、妻より女のフランス 女より妻、妻より母の日本~(小学館)

さらに…執筆ページへ

■ 講演・トークショー・TV
最新の講演・トークショー・TV
アーカイブ

■ 新聞
日刊工業新聞 「日本の“素晴らしさ”、アピール不足」
日経産業新聞 「外国人の信頼をつかむ握手」
日経新聞 創論 「日曜に考える-出生率1.8目標どう実現」
東京新聞 考える広場 「フランス流の「自由」の論理とは~壊れやすいから守る~」
都政新報 トーキョー2020 「歴史ある景観保存でおもてなしを」

■ テレビ
NHK・Eテレ 「ウィメンズ・ヘルス・アクション シンポジウム in 東京」
BS JAPAN 「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」
BS日テレ「久米書店」
テレビ朝日「朝まで生テレビ!」 激論!「女性が輝く社会」と“男社会ニッポン”の壁
さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!!

■ ラジオ
文化放送 「くにまるジャパン ? デイトライン東京」
TBSラジオ 「久米宏 ラジオなんですけど」
文化放送 「斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI!」

■ ウェブマガジン
ドラの自由な生き方│HIGHFLYERS
一番大事なのは、自分のフィーリングを尊重すること│ゆふてん
日本の少子化の流れは止められるか――
「働く女性ほど子どもを産む」 というフレンチ・パラドックスにヒントを求めて│Mugendai 
前編後編
恋愛大国フランスは、なぜ結婚に人気がないのか?│All About
フランスの育児、介護とは?日本よ、愛ために戦おう!│All About